• 糖尿病
  • 2017/5/19

糖尿病でも太りたい!血糖値を上げずに体重を正しく元に戻す方法

糖尿病

糖尿病になってからどんどん痩せ始め、痩せ過ぎてしまった!もう少し太りたいけど、糖尿病だから血糖値が上がらないようにしたい。でも食べたいだけ食べれば太ってしまうし、どうすればいいの?そんなお悩みに答えるため、血糖値を気にしながら適正に体重を増やし、標準の体重になれるような方法を解説していきます。

 

1.なぜ糖尿病になると痩せてしまい、太りづらいのか?

まずはなぜ太りにくいのかのメカニズムをしりましょう。糖尿病になると、だんだんと痩せて、太りたいのに太れないのには方もいて、それは高血糖と大きく関係があります。体重が減ってよかった!などと思うのは大間違い。高血糖になり、体に悪影響を及ぼした結果、体重が減少してしまっているのです。

高血糖が細胞への栄養を阻害する

食事をきちんと食べて、適切に消化、腸から問題なく糖が吸収されて、血液として全身を循環していても、糖が細胞に到達できなければ、細胞レベルでは食事をとっていない状態と同じです。糖をエネルギー源として利用することができない全身の細胞は何とかして活動を維持するために、脂肪やタンパク質をエネルギー源として利用するようになります。

その結果、体内に蓄えられていた脂肪が分解されていくために体重が減少していってしまいます。当然太ることが出来ず、どんどん痩せていってしまいます。これは健康的とは言えず、すぐに改善の必要があります。

2.太るためには果物を食べる

太るためには食事をふやすことが重要です。そこで大事になるのが、血糖値を上げないこと、かつ体重を増やすこと。体重を増やすためには中性脂肪を増やすことがカギになります。それに適した食材は果物です。糖尿病対策として食生活は心がけていると思いましたので、普段の食生活プラスαとして果物を取るようにしましょう。

果物に含まれる果糖は10分の1しかブドウ糖に変化しません。また、ほとんどが肝臓で代謝され、インスリンを必要としないので血糖値を上げにくいのです。さらに、果糖は中性脂肪に変わりやすいため、痩せ型の糖尿病で太りたい方にはぴったりの食材になります。

3.太るための目標値

糖尿病の場合血糖値の正常値を維持しながら、体重を適正まで増やしていく必要があります。糖尿病で正しく太るためには、正しい手順を踏まなくてはいけません。しっかりと手順を踏まず、ただ食べただけでは血糖値のみが上がってしまい、体に悪影響を及ぼします。具体的に重要になるポイントは次の3つです。

3-1.血糖値の目標値

まずは食べる量を増やすのではなく血糖値を正常の範囲内にすることが第一優先です。どの程度まで下げればよいのか?その血糖値の正常値を図で表したものが下記になります。

個々人により、空腹時血糖値を計る場合と、食後血糖を計る場合があります。空腹時血糖を目安に図っている場合は110mg/dl未満、食後血糖値を計っている場合には140mg/d未満を目標にしましょう。

目標値(どちらか一方)

空腹時血糖値 : 110mg/dl未満

食後血糖値  : 140mg/d未満

3-2.適正体重の目標値

血糖値の目標ができたら、どの程度まで体重を増やしたらよいのかを決めましょう。ただ太るだけでは限度を超えた場合には血糖値に悪影響を及ぼします。健康かつ理想とする体型を維持するためにも自分に合った標準体重を知り、その体重まで近づくように少しずつ増やしていきましょう。

標準体重の調べ方

下記のBMI(体重と身長の関係から肥満度を示す体格指数)の理想値である22.0から逆算する方法が一般的です。

標準体重(kg)=(身長(cm)×身長(cm))×22÷10,000

※「標準体重は太めに作られている」と疑問を持つ人がいますが、標準体重は医学上で生命維持に最も適している体重と定義されています。

また、美しいプロモーションである体重は「美容体重」と呼ばれていて、標準体重と別の数値です。美容体重は個人で異なるものの、一般的には標準体重より約5%ほど落とした体重とされています。

4.おすすめの果物3選

重要なことは血糖値を上げず、太りやすい果物ですね。ここではそれを低GI+高カロリーで判断しました。GI値とは、その食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったものです。つまりは食べてもゆっくり吸収される(吸収されにくい)ので、血糖値も急上昇しないという指標です。それらを考慮しおススメ度別にランキングトップ3をご紹介します。果物はたくさんありますが、まずはスタートはこの食材を抑えておきましょう。それからご自分の体調、好み、料理などに合わせた果物をチョイスしていってくださいね。

1位:アボカド

最もおすすめなのが、アボカドです。アボガトはGI値27187kcalとまさに低糖質、高カロリー!血糖値を上げずに食べられる食材ですね。

2位:梨

こちらは比較的手に入れやすく、かつGI値も低くカロリーはやや高めというもの。810月が旬の時期になるので、この季節はおススメの一品です。

3位:りんご(皮付き)

こちらもなしに続き、手軽に手に入れやすいのが特徴です。皮ごと食べることでポリフェノールやカリウム、ペクチンなどの栄養成分を一緒にとることができるのも魅力。ただし、食べづらい場合には果肉だけでも十分な栄養のため、皮を食べなくても良いです。GI値低め、カロリー高めのおススメ果物です。

その他の果物も知りたいときには下記サイトを参考にしてみてくださいね!

最新人気ランキング!ダイエットマート

http://dietmart.net/gi_page/gi_list_kudamono.php

5.果物を取る際の3つのポイント

より効率的にフルーツを取り入れるために3つのポイントがありますので、これだけは意識しましょう!

5-1.午前中はフルーツのみをとる

午前中に発揮される身体の浄化・排出を助ける為に、午前中はフルーツのみを食べましょう。量は自分の好きな量を沢山食べても大丈夫とされています。ただし、フルーツの加工品や加熱したフルーツはダメです。大切なのは『生のフルーツをとる』という事です。

5-2.午前中の飲み物は、水のみをとる

フルーツには、身体の浄化や排出を助ける効果があります。その力を最大限引き出すには、コーヒーやお茶などと一緒に摂取するのではなく、純粋なお水(ミネラルウォーターでも可)がおススメです。寒い日や冷え性の方などは、お水を白湯(少し温めたお水)にしてもOKです。

5-3.皮ごと食べられるフルーツは皮ごと食べる

フルーツの皮にはたくさんの栄養素が含まれています。先述のりんごについても同様ですが、果肉だけでなく食べられるフルーツは、皮ごと食べましょう。

6.まとめ

糖尿病でも果物で太る!いかがでしたでしょうか?血糖値を気にしながらの体重増加はなかなか難しいもの。他の食材との兼ね合いもあり、簡単には血糖値コントロールも難しいですね。さらにいくらGI値が低くても食べ過ぎれば当然、血糖値に影響してきます。そうならないためにご飯適量・果物適量を心がけ、血糖値を上げない工夫をしていきましょう。