• 糖尿病
  • 2017/5/23

糖尿病で痩せると要注意!糖尿病の悪化のサインかも?

糖尿病

糖尿病になって特に治療などのもしていないのに痩せていっている!原因はわからないけどとにかく痩せることができてよかった!と考えているあなた。

ちょっと待ってください!痩せることはよいことのように思われるかもしれませんが、何も心当たりがないのに痩せていったら、もしかしたらまずい状況かもしれません。そのままの状態だと取り返しのつかない状況になってしまうため、すぐにでも病院に行かないといけない状態の可能性が高いのです。

この記事では、なぜ糖尿病で痩せるのか、なぜそのままの状態が危険なのかを説明します。

1.糖尿病でなぜ痩せる?

糖尿病で痩せることには2つの原因が考えられます。

1つ目に考えられるのが治療の結果です。食事療法や運動療法をしっかりと行い、結果として痩せた場合これは糖尿病での食事療法、運動療法をしっかり行っている証です。治療の結果によって痩せているので問題ありません。

2つ目に考えられる原因は糖代謝の異常により、痩せてしまうことです。この場合は特に食事療法や運動療法を行っておらず暴飲暴食などの不摂生を行っている状態でも痩せてしまいます。この状態は非常に危険な状態である可能性があります。

1-1.糖代謝の異常で食物からのエネルギーが使えなくなる

食事制限や運動療法など無しに痩せていることは糖代謝の異常が疑われますが、「糖代謝の異常」とは何かというと。人の体は血液中の糖を通常エネルギー源として細胞に取り込んで使用しますが、糖代謝の異常が起きている場合、この血液中の糖が細胞に取り込まれずエネルギー源として使用できない状態になってしまいます。

その結果、体はエネルギー不足に陥るため糖の変わりに体に貯蔵している脂肪や筋肉を使うようになるため痩せてしまうのです。

2.糖尿病で痩せることの危険性

インスリンという体内で作られるホルモンは血液中の糖を筋肉や肝臓などの細胞へ取り込むための働きを行っています。しかし糖尿病はインスリンの働きが弱くなったり、分泌が少なくなってしまう病気です。そのため糖尿になってしまうと糖代謝の異常が起こってしまいます。

糖代謝の異常は糖尿病という病気の症状では起こりうることです。しかし糖代謝の以上で痩せてしまうことは、糖尿病が進行して合併症の一歩手前もしくはすでに発症している可能性が高く、そのまま放置していた場合は合併症が発症、悪化してしまいます。

糖尿病の合併症は様々なものがありますが、特に多い3大合併症と呼ばれているものがあります。

  • 糖尿病性神経障害
    糖尿病ではじめに出てくることが多い合併症、手足がしびれるなどの症状がおき、最悪の場合四肢の切断につながる可能性がある合併症です。
  • 糖尿病腎症
    糸球体の毛細血管が損なわれている、腎臓の機能が失われていきます。腎臓の機能が停止してしまうと、人工透析を行うことになり週に3回、4時間ほど拘束されます。
  • 糖尿病網膜症
    眼底の血管がダメージを受け視力が落ちてしまいます。この視力低下は近視や遠視とは違うため、眼鏡などで落ちた視力を補うことが出来ません。最悪の場合失明につながります。

合併症の症状は悪化すると日常生活に多大な影響を及ぼし、健康なときと同様の生活を送ることが出来きないため、そうなる前に対策を行わないといけません。

2-1.まずは病院へ

もしあなたがこのような症状になっている場合、すぐにでも病院を受診するようにしましょう。糖尿病に心当たりがない場合でも、病院を受診するようにしてください。糖尿病以外の病気でもやせる可能性があり、がんや、慢性炎症などが考えられます。

3か月で5㎏落ちたので気になって病院を受診したらがんが発見されたとの事例もります。特に何の要因も無くやせることはありえないという考えをもち、異変があったらすぐに病院にいくようにしましょう。

3.糖尿病で痩せた場合できること

糖尿病で痩せた場合は先に述べたように、糖尿病がかなり進行している状態のため薬やインスリンの投与が必要な状態の可能性があります。まずは絶対に病院に行くようにしましょう。そのうえで運動、食事でできる対策を紹介します。

3-1.少しでも運動をしましょう

糖尿病になると疲れやすくなり、しかし運動するのは大変かもしれませんが生活の中で少しでも運動するようにしましょう。糖尿病で痩せる場合への対処法なので、この運動の目的は痩せることではないためこの程度の運動になります。筋トレ系などの運動を1日5分程度でも生活に取り入れ、痩せた際に落ちた筋肉を鍛えなおすようにしましょう。

3-2.野菜と魚の割合を多く取りましょう

痩せてきているからといって、肉や脂分を多く取るのは禁物です。食事の全体量はガマンしすぎない程度の量でかまいませんが、野菜と魚の割合を多くするようにしましょう。

4.まとめ

もし糖尿病でなくとも、食事や運動で痩せる要因に心当たりがないのに痩せていくことは異常なことです。自分の体に何か異常があるのではと疑うようにしましょう。痩せる要因がなく痩せることは体から出ているサインになりますので、そのような事態になったらまず病院を受診するようにしましょう。