• 糖尿病
  • 2017/6/13

糖尿病は歯周病に要注意!糖尿病が悪化する負のスパイラルとは!

糖尿病

糖尿病と歯周病、この2つは互いに関係がないと思っていませんか?実はこの2つは密接な関係があります。糖尿病が原因で歯周病になったり、逆に歯周病が原因で糖尿病になったりと、おたがい切っても切れない関係なのです。

この記事では、そんな二つの病気の関係についてお教えします。

1.歯周病で糖尿病が悪化する

なぜ歯周病と糖尿病が関係があるのか、しかも歯周病が糖尿病をなぜ悪化させてしまうのか理由がわからないと思います。

糖尿病と歯周病それぞれ密接に関係があると冒頭で述べましたが、なぜ糖尿病と歯周病は関係があるのかはまだはっきりとはわかっていません。まずその関係を述べる前に糖尿病と歯周病それぞれのどのような病気かについて説明します。

1-1.糖尿病とは

糖尿病は三大成人病のひとつです。

糖尿病というと、まず血糖値という言葉をよく聞くと思いますが。血糖値とは血液中のブドウ糖を「血糖」といい、血糖値は血液中のブドウ糖の量のことをいいます。

この血糖は、でんぷんなどの糖質(炭水化物)を食べることで、糖質は消化されてブドウ糖となり、血液中から全身の細胞に取り込まれて、主なエネルギー源として利用され生命を維持するために必要な栄養素です。これらは体内のインスリンにより細胞に取り込まれています。

しかし糖尿病の場合は、インスリンの分泌量や働きが十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態のことで、この状態を放置すると全身にさまざまな影響が出てくるのですが、それが合併症という形で出てきます。

1-2.歯周病とは

歯周病は細菌感染によって引き起こされる、別名「歯槽膿漏」と呼ばれている病気です。

歯と歯肉の境目が普段の歯磨きで十分に行き届かないでいると、そこに歯垢が蓄積し細菌が増殖します。この中に歯周病を引き起こす歯周病菌が含まれており悪化することで、歯周病になり歯肉の縁が炎症を帯びて赤くなったり、腫れたりします。


出展:日本臨床歯周病学会

歯周病は進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなります。その後、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯が必要となる病気です。

参考:日本臨床歯周病学会 歯周病とは?

1-3.なぜ歯周病は糖尿病を悪化させるのか?

 

歯周病で糖尿病が悪化する原因は、歯周病で炎症が起こるとサイトカインという物質を分泌し細菌に対抗しようとするのですが、このサイトカインがインスリンの働きを阻害するため、血糖値が上昇することが原因です。このことから歯周病が糖尿病になる原因を作り、かつ糖尿病を悪化させる要因にもなっています。

1-4.糖尿病が歯周病を誘発する

糖尿病での歯周病は先に述べたようにはっきりとした原因はわかっていませんが、日本歯周病学会の「糖尿病患者に対する歯周治療ガイドライン」によると、糖尿病患者は歯周病の発症率が糖尿病でない人に比べて2.9高いとの報告があり。このことから歯周病は糖尿病の合併症の一つに数えられています。さらに、糖尿病患者は非糖尿病患者と比べて歯周病が重症化しているとの論文(Periodontal status of diabetics compared with nondiabetics: a meta-analysis)があります。

このほか、血糖コントロールの状態と歯周病の関係を調べた研究では、Hba1c 9% 以上の糖尿病患者は非糖尿病者や Hba1c 9%未満の糖尿病患者と比較して、歯を支える歯槽骨が歯周病により溶けるリスクがより高いことがわかっています。糖尿病が歯周病の悪化にも関係しているといわれています。

これらの統計的なデータから、糖尿病が歯周病を誘発するといわれているのです。

参考:日本歯周病学会 糖尿病患者に対する歯周治療ガイドライン改定第2版

2.歯周病の予防法

糖尿病と歯周病は互いに生活習慣病です、対策は生活習慣を改めることが必要になります。

2-1.歯磨き

歯周病の予防に歯磨きが来ることは、誰もが想像がつくとは思いますが一番重要なことです。歯周病の原因は歯垢についている細菌です、磨き残しがあるとそこで菌が繁殖しますし。後々歯石になり、今度はそこで歯周病菌が繁殖するようになります。下記のリンクを参考にして歯磨きの方法を見直してみましょう。

クリニカ 正しい歯の磨き方

2-2.歯医者に定期検診に行く

どんなに歯磨きをがんばっても歯石は歯磨きでは取れないので、歯医者に通って定期的にとってもらう必要があります。また、歯医者で歯垢の残り方によって、歯磨きで足らないところを教えてくれます。 自分の歯並びにあった歯磨きの方法も教えてくれるでしょう。

2-3.血糖値コントロール

糖尿病患者にとって普通の人との歯周病の予防方法の違いは血糖値コントロールが必要になる点です。糖尿病と歯周病の関係で述べたように血糖値が高いと歯周病のリスクが大きくなります。血糖値コントロールは難しいかもしれませんが糖尿病患者にとっては必須です。しっかりと糖尿病の治療を行うことで歯周病の予防も行うことができます。

3.まとめ

糖尿病と歯周病はともに生活習慣病で互いに、関係しあっています。糖尿病の治療をしっかりと行うことで、歯周病の予防も行うことができます。歯は一生付き合っていくものです、歯周病でそれを失わないためにも歯磨きや歯医者の定期健診などの予防はしっかりと行うようにしましょう。