• 中性脂肪
  • 2017/12/6

血中脂肪とはと調べた方への簡単!血中脂肪完全ガイド

中性脂肪

健康診断で血中の中性脂肪、総コレステロールが高かったこのような悩みがある方は少なくないでしょう。中性脂肪やコレステロールは血中脂肪または血中脂質といい体にとって重要な役割、また多すぎると様々な弊害が出てくるのですが、これらについてしっかりと把握している人は少ないでしょう。

この記事では血中脂肪の疑問についてお答えします。

1.血中脂肪とは

血中脂肪または血中脂質とはその名のとおり、血中にある脂肪、脂質のことを言います。この脂肪はただの脂肪とういわけではなく、いくつかの役割が違う脂肪が組み合わさっているのです。その脂肪は、中性脂肪、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)2つのコレステロールが主なものになります。この名前を聞いたことがあるでしょう。

しかし、その役割について知っている方は少ないでしょう。

1-1.中性脂肪

健康診断ではよく目にする項目でトリグリセリド(TG)と記載されていることが多いです。中性脂肪は人体のエネルギー源となる物質です。食事で摂取したエネルギーが消費できずに余ると体は、余ったエネルギーを蓄えるために中性脂肪として体に蓄えます。このことが、脂肪が体につく要因となります。

この脂肪は食事量が減ったり、運動を行うなどをすることで体がエネルギー不足になることで消費されていきます。

中性脂肪の値は食事から取り込まれた中性脂肪ではなく、余分なエネルギーとしていったん肝臓に取り込まれた脂肪が再び血液中に分泌された血中中性脂肪の値です。健康診断などの検査で食事制限をするのは絶食によって蓄えられた中性脂肪が血中に放出される際、どれくらいの量が出てきているかをチェックするのが血液検査の目的です。

このため、血中の中性脂肪の量が多いほど肝臓に蓄えられている中性脂肪の量が多いということになります。逆に低いと体に栄養のたくわえがない状態といえます。

1-2.コレステロール

コレステロールと聞くと体によくないものと印象がある方が少なくないでしょう、しかし実は身体には必要なものなのです。

私たちの体を形成している細胞の細胞膜はコレステロールが材料となっています。また身体の働きを調節する様々なホルモンもコレステロールが材料となります。脂質の消化に必要な胆汁酸もコレステロールから作られます。このように、コレステロールは私たちの身体には必要なものです。

もし血液中でコレステロールが少なくなりすぎてしまうと細胞膜や血管壁がもろくなってしまうので、最悪の場合は脳出血なども起こしてしまう可能性があります。そのため体には、体内のコレステロール量を一定に保つ仕組みがあり、食事で摂取しなくても体内でコレステロールを合成する機能があります。

コレステロールや中性脂肪などが、たんぱく質と結びついたものを「リポたんぱく」といいます。コレステロールを多く含んでいるリポたんぱくはHDLLDLがあり、HDLコレステロール、LDLコレステロールはそれぞれ善玉コレステロール、悪玉コレステロールと呼ばれています。

1-2-1.善玉コレステロール

善玉コレステロールの働きは体の中で使われずに余ったコレステロールを肝臓に戻し、動脈硬化を進行させないように働きます。そのため、この善玉コレステロールの数値が低いとコレステロールが必要以上に血液中に存在してしまいます。

1-2-2.悪玉コレステロール

全身の組織にコレステロールを運ぶ働きをしますが、このLDLコレステロールは増えすぎると血管壁に沈着してしまい、動脈硬化や血栓などを引き起こしてしまいます。

標準値はLDLコレステロール値140mg/dl以上、HDLコレステロール値40mg/dl以下で、どちらかに当てはまる場合には脂質異常症と診断されます。この2つの数字の比率として「LH比」というものがあります、「LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値」の値で求められます。

例えば

LDLコレステロール値が135mg/dlHDLコレステロール値が45mg/dlであった場合、「135/45=3」となりLH比は3.0です。

LH比は1.5では良好な状態、2.0以上でコレステロールの蓄積があり動脈硬化が疑われる状態、2.5以上で血栓ができている可能性ありという診断がされます。

2.血中脂肪が高い原因

血中脂肪が高い原因血中脂肪が高い原因は主に二つの要因があります。

2-1.生活習慣の乱れ

血中脂肪が高い原因は、過食、運動不足、肥満、喫煙、アルコール、ストレスなどの生活習慣の乱れが関係しているといわれています。特に、お腹の中に脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」の方はLDLコレステロールや中性脂肪が多くなり、HDLコレステロールが少なくなりやすい傾向があります。この状態を「メタボリックシンドローム」と呼びます、名前を聞いたことがある人は少なくないでしょう。

2-2.遺伝性によるもの

遺伝的な要因によって起こる「家族性高コレステロール血症」と呼ばれているものもあります。遺伝性ではないタイプのものに比べてLDLコレステロール値が著しく高く、動脈硬化が進行しやすいという特徴があります。親や祖父母、兄弟など血のつながった家族に脂質異常症や55歳未満(男性の場合)または65歳未満(女性の場合)で心筋梗塞を起こした方がいる場合、家族性高コレステロール血症の可能性が高くなります。

心当たりがある場合は、LDLコレステロール値を確認してみましょう。

3.血中脂肪が高いと起こるリスク

血中脂肪が高いことや低すぎることを、脂質異常症といいます。下の3つの状態でひとつでも当てはまれば脂質異常症となります。

コレステロール

数値

LDLコレステロール血症

140㎎/dl以上

HDLコレステロール血症

40㎎/dl未満

高トリグリセライド(中性脂肪)血症

150㎎/dl以上

表を見てもわかるように脂質異常症とは、悪玉コレステロールや中性脂肪が必要以上に増えるか、または善玉コレステロールが減った状態のことです。

脂質異常症は、高血圧や糖尿病と比べてあまり知られてはいないようです。しかし、厚生労働省の「平成26年患者調査の概況」によると、脂質異常症のため継続的に医療を受けている者の総数は2062,000人と推計されており、その数は年々増えています。

3-1.血中脂肪が高いことで起こる病気

中性脂肪が高いことでどのような病気になるのかというと以下のようなものがあります。

  • 動脈硬化
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 動脈瘤
  • 脂肪肝
  • 急性膵炎

中性脂肪が高いと血液中の善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減少し、逆に悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増加してしまうのですが、トリグリセライドや悪玉コレステロールは、血管にへばり付いて、血液の流れを阻害して動脈硬化を進行させてしまいます。そのため、脳卒中、心筋梗塞や脳梗塞などの血管のつまりによる病気が発生するリスクが高まります。

また中性脂肪が高いと、それを肝臓にためこもうとして肝臓に脂肪が多くつく脂肪肝になるリスクも高まります。脂肪刊から肝硬変さらには肝臓がんになることもあります。

このように血中脂肪が高いと、命にかかわるような病気になる場合があるのです。もしあなたが血中脂肪が高い場合はすぐにでも対策を行うようにしましょう。

4.血中脂肪を解決するには

血中脂肪が高い人は命にかかわる病気のリスクが高くなることはご理解いただけたかともいます。どの程度下げればいいのかというと正常値を目標にすればいいのですが、自分が現在かかっている状態によってその目標も変わってきます。下のフローチャートを行ってまずはどの程度まで下げればよいのか決めましょう。

参照:”生活習慣病” オンライン 脂質異常症 脂質管理の目標値

参照:NIPPON DATA80 Research GroupCirculation Journal. 2006 Oct70(10)1249-1255.(日本循環器学会)

4-1.血中脂肪の数値を改善するには

2章で説明したように、血中脂肪が高くなる原因は生活習慣の乱れか、遺伝によるものになります。しかし血中脂肪が高くなる原因の多くは生活習慣の乱れになります。そのため、生活習慣の改善に取り組むようにしましょう。食事療法と運動療法は脂質異常症治療の基本となりますので継続して行うことが重要です。

4-2.食事の見直し

中性脂肪やコレステロールの増加は普段の食事での暴飲暴食やアルコールの過剰摂取であることが主です。この血中脂肪を上げる原因となっている食事を改善することが必要となります。

4-2-1.暴飲暴食はしない

先ほども述べましたが血中脂肪の増大は栄養過多が原因のため食事によって増加します。過度な栄養の摂取や血中脂肪を上げてしまう食べ物中心の生活をしていると数値があがってしまいます。

また、数値を上げやすい食べ物を紹介するのでこれら今食べている量よりも少なくするように意識しましょう。

上げやすいため物は、砂糖、果物などの甘いもの、さらに脂質や炭水化物などです。 砂糖や果物はそのままですが、脂質は肉や揚げ物で摂取するものになります。肉を食べる場合は脂身が少ないものを選ぶなどの工夫をするようにしましょう。炭水化物はご飯やパンなどの主食となるものです。トリグリセライドを減らすためといってこれらを完全に断つことは難しいでしょう。最初はいつもより少なめにするということを意識してみましょう。

4-1-2.DHAEPAを摂取する

血中脂肪の改善のためにオススメなのが、DHAEPAを積極的にとることです。このHADは主に魚の脂肪に多く含まれる必須脂肪酸です。このDHAEPAの効能として。

  • 中性脂肪を減らす
  • コレステロールを下げる
  • 血液をサラサラにする

と、血中脂肪が高いことで気にする悩みをほとんど解消してくれます。サプリメントでも摂取できるため手軽に始めることが出来ることもオススメの理由になります。

ミモサラボ 中性脂肪対策にEPAを摂る!その4つの理由と降下メカニズムとは?

4-3.運動不足の解消

中性脂肪は運動によってエネルギーを使うことで消費されるため、運動をすることで中性脂肪の数値を下げる効果があります。

さらに、運動することにより、動脈硬化の予防によい効果があります。特に、ウォーキングや水泳など、酸素を取り込みながらゆっくり少しずつ力を出す「有酸素運動」は、善玉コレステロールの上昇に役立つため、血中脂肪の改善が期待できるのです。

4-3-1.体を鍛えることで、基礎代謝量がアップ

さらに私たちの体には、基礎代謝能力が備わっているため、仮に運動をしなくても、基礎代謝によってある程度はエネルギーが燃焼されるのですが、それでも燃焼される量は、食べ過ぎや飲み過ぎを解消するほどには多くありません。

そのため、運動を日常生活に取り入れ体を鍛えることで、基礎代謝能力をあげることができて運動をしていない状態でもエネルギーの燃焼があるためさらにこうかがあがるのです。逆に全く運動をしない生活が慢性的に続いてしまうと、筋肉がどんどんと少なくなって基礎代謝も下がってしまいます。

4-3-2.有酸素運動をして、数値を下げよう

先ほども説明したように運動をするなら有酸素運動がオススメになります。有酸素運動は善玉コレステロールの上昇以外にも有酸素運動が体内の脂肪をエネルギー源として消費する、という特徴があるためです。激しい運動である無酸素運動が筋肉内の糖質をエネルギー源として消費するので改善の期待は出来ませんが、有酸素運動であれば体内の脂肪を減らしてくれることが期待できます。

4-4.習慣を改善する

飲食物の中には体内にあるトリグリセライドの増加を促進させるものもあるため、それらの摂取も控える必要があります。

4-4-1.アルコールの飲みすぎを控える

一番問題視されているのが、アルコールの過剰摂取です。アルコールは肝臓の機能を低下させるため、脂肪肝の原因にもなります。数値が気になる方は、飲み過ぎないようにしましょう。

4-4-2.禁煙する 

喫煙が数値の増加にかかわっていています。喫煙をするとアディポネクチン(肥満を抑制する物質)の分泌低下し脂肪分解酵素の分泌が低下します。これらの物質は、本来であれば体内で分泌される成分です。しかし、タバコはこれらの分泌を阻害するため、トリグリセライドが溜まりやすくなりなってしまうのです。喫煙していて数値が気になる場合は禁煙することをオススメします。

5.まとめ 

血中脂肪が高すぎると、命にかかわる病気のリスクが高まりますので、今回紹介した生活習慣の改善や、お医者様に相談などをして数値が気になる場合は改善するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。血中脂肪の役割と、その数値によって体に様々な影響を及ぼしていることをご理解いただけましたでしょうか。