• 試してみた
  • 2019/2/28

北海道・登別温泉を行く!地獄谷周辺めぐり

試してみた

今回向かったのが登別温泉。「にっぽんの温泉100選」で毎年上位にランクインするなど、とっても有名な温泉です。北海道伊達市にお住まいのお客様とお会いした今回向かったのが登別温泉。「にっぽんの温泉100選」で毎年上位にランクインするなど、とっても有名な温泉です。北海道伊達市にお住まいのお客様とお会いした際の途中でちょっと寄り道してみました。

登別温泉の場所

登別温泉は北海道登別市にあります。札幌から車で1時間半、千歳空港だと車で一時間程で、道央自動車道の登別東ICで降りて10分ほど。旅行で北海道に来ている人は比較的行きやすい場所にあります。

登別地獄谷

登別温泉付近には様々な観光地や景勝地がありますが、まず最初に向かったのが「登別地獄谷」です。この場所は「倶多楽(くったら)」の約8000年に起こった活動によって形成されたとされています。

倶多楽は現在も活火山なので、谷に沿って数多くの湧出口や噴気孔があり、泡を立てて煮えたぎる風景が「鬼の棲む地獄」として名前の由来になっています。とにかく硫黄の臭いが強く、服に匂いが染みつくくらいすごい!あちこちで見られる煙からは今も火山が活動中である雰囲気を醸し出しされています。

ちなみに車で来た場合は有料のパーキングにとめることができます。登別地獄谷パーキング:1日1回500円

地獄谷ではたくさんの見るスポットがあります。真ん中の現在地から、周囲を見ながら最終目的地の源泉から流れ出る足湯があるというのでそこを目指していきます。足湯は地図の下の部分の川沿いにあるようです。

鉄線池

地獄谷スタート地点となるパーキングから5分程のところから見えるのが、「鉄線池」。現在も活動を続けている日和山の450mにも及ぶ火口跡を見る事ができます。また、遊歩道を歩くと、中央部分まで歩くことができます。すると世界的にも珍しい、全体が湯で満たされた沼を間近に見る事ができます。

大湯沼川天然足湯

今回の地獄谷の目的地の一つ、天然足湯です。鉄線池から少し離れている様子で、足湯に向かうには、いくつかのルートがあります。パーキングから歩いていくルートの他、車で足湯の近くまで行くこともできるようですが、今回は歩いて進んでみました。

なかなかこう配がある山道を15分ほど登って途中の現在地。息もちょっと絶え絶えです。まだ先は長い・・

近そうな看板が出ていましたが、さっきのを見る限り、もう少し歩きそうです。

おお!整備されている!

最初の15分は荒い山道だったのに対して、途中からはとっても歩きやすい!ちゃんと整備されていて歩きやすくなっていました。足取りも軽くなります。

自然のきれいな空気と川のせせらぎを聞きながらだと、とっても癒されます。

整備されている道に入り15分ほど歩くと、見えてきました!足湯!すでにたくさんの人がいて、外国の方も多く見られました。

お湯が上流から流れて来る風景は、光と周りの自然と相まって絶景です。

実際入ってみると、熱すぎず、冷たすぎず、これまた気持ちいい・・!がんばって来た甲斐がありました・・。お子様連れや年配のご夫婦の方など、年齢問わず楽しんでいる様子でした。

※タオルなどは準備されていませんので、行かれる際は用意しておきましょう!

移動で地獄谷を離れる際に、山の上から撮った一枚。山並みの美しさと湯がきれいに見られます。

登別温泉街

足湯から来た道を戻り、地獄谷入口までくると登別温泉街は、歩いて5分の場所にあります。

一見すると普通の街並みですが、ところどころに地獄谷を感じさせるものがたくさんあります。

道路に面して、急に出て来る閻魔様。大きさが分かりづらいですが、2m近くあるかなり大きいものです。

実はこれ動くんですね!この時はタイミングが合わず、動くところは見れませんでしたが、写真を見る限りでは怒った顔と優しい顔の2つに変化するようです。

その他にものたくさんの鬼のオブジェが見られます。色々探してみるのも楽しそうですね!

倶多楽湖

地獄谷から車で10分程の場所に倶多楽湖はあります。山道を車で行くと、森の間からちらっと見え始めます。火山の活動のくぼみとしてできた湖で、周囲約8km、湖に水の流入も流出もないのが特徴です。

絶景一人占め!

パーキングが途中にあり、降りてみると、地獄谷がたくさんの人であふれていたのに対し、倶多楽湖はほとんど人がいない!絶景を周りを気にすることなく見る事ができました!たまたま?

国内随一の水の透明度

倶多楽湖が全国的に有名な場所である理由が、国内随一の水の透明度を誇ること。摩周湖と並び高い28.3mという驚異の透明度になっています。写真では分かりづらいかもしれませんが、ほんときれいです。

登別温泉は温泉のデパート

このように見どころが多い登別温泉周辺を1日で楽しむのはなかなか大変。登別温泉で1泊2日くらいで見るのがオススメです。しかも登別温泉の宿にある温泉には様々な効果があり、健康効果も抜群。観光地としてだけでなく、慰労としてもピッタリです。

登別温泉の泉質9種

  • 硫黄泉 食塩泉(塩化物泉)
  • 明礬泉(含アルミニウム泉)
  • 芒硝泉(硫酸塩泉)
  • 緑礬泉(含アルミニウム泉)
  • 鉄泉(含鉄泉)
  • 酸性鉄泉 重曹泉
  • ラジウム泉

まとめ

今回ご紹介した登別温泉周辺は地獄谷や足湯、温泉街、温泉自体など見どころが多く、一日では周り切れません。もし、北海道旅行を考えているなら登別温泉を加えてみませんか?

SNSで最新情報をチェック