• 糖質
  • 2018/9/7

砂糖と糖質の違いは?実は糖質は砂糖の一部だった!?

糖質

「砂糖」と「糖質」。言葉が似ていて、同じように考えている人もいるのではないでしょうか?ダイエットをしている方でも意外と詳しく知らない人も多いのがこの違い。

同じ糖を使った言葉ですが、正しくは同じものではありません。そこで、今回は砂糖と糖質の違いは何か?また、砂糖と糖質のどっちが重要なのか?などダイエットに必要な砂糖と糖質の話をお伝えしていきます。

1.砂糖と糖質の違い

引用:DIAMOND online/炭水化物を食べても太りにくい食事の法則

https://diamond.jp/articles/-/103391

糖質と砂糖はどのような関係にあるのか、それを知るためにまずは全体像から見ていく事が分かりやすいでしょう。上の図を見てください。ご存知「炭水化物」は「糖質」と「食物繊維」でできています。その糖質の中には「糖類」が含まれていますが、これを前提として次を見ていきましょう。

1-1. 「砂糖」は「糖質」の一部

引用:TV東京/糖質制限を考えている方必見! ノンシュガー、糖類ゼロ、糖質ゼロ……いろいろあるけど何が違うの?

http://www.tv-tokyo.co.jp/travel/entry/bwKMA/33563/

図を見てみると糖質の中に糖類が含まれていることが分かりますが、砂糖はこの糖類に分けられています。つまり、糖質の中に砂糖が含まれている、ということになります。もう少し小分けで見ていきましょう。

1-2.糖質と砂糖の分類

糖質

糖質は大きく3つに分けられます。オリゴ糖やデンプンなどの「多糖類」、ガムで一躍知られるようになったキシリトールなどの「糖アルコール」、カロリー0の清涼飲料水に含まれるアセスルファムKなどの「人工甘味料」です。

糖類

糖類は「二糖類」や「単糖類」に加え、「少糖類」といったもの分けられます。ちなみに砂糖は二糖類。二や単のように数字に関わる漢字で名前がある理由は分子の作りを元にしているからなんですね。

2.砂糖は糖質に比べ太りやすい

分類

構造

吸収速度

血糖値の変動

インスリン分泌

ごはん(炭水化物)

多糖類

ゆっくり

ゆるやかに上昇

少なくて良い

砂糖(糖類)

二糖類

早い

急上昇

多量に必要

参考:chef-ri/炭水化物・糖質・糖類・糖分の違い|管理栄養士がわかりやすく解説

https://chef-ri.com/news/49

まずは糖質と砂糖の分類から見てきましたが、まだまだよく分かりません。やっぱり知りたいのは「ダイエットや糖質制限についてはどうなの?」という点。そこで次に見ていくのは「吸収」についてです。

結論から言えば、糖質と砂糖において太りやすいのは砂糖。その理由こそが「吸収」にあります。

2-1.吸収速度に違いがある

引用:東洋医学研究所/糖の種類と摂取してから吸収時間

http://www.touyouigaku.org/blog/2018/03/-3031-1427424.html

「炭水化物を吸収される速度」と「砂糖を吸収する速度」には違いがあります。体内に吸収されるのは炭水化物も糖質も糖類も、すべてグルコース、フルクトース、ガラクトースといった「単糖類」になってから。唾液や胃液に含まれる消化酵素によって徐々に分解され、単糖類に変化した後、体に取り込まれる仕組みです。

分解には時間がかかるので、より単糖類に近い砂糖は早く吸収され、遠い炭水化物や糖質は吸収されにくくなる、というわけです。

2-2.急激な吸収は高血糖を招く

食べ物は胃を通り、小腸でグルコース(単糖類)へと変わります。その後、細胞を通り血液へと流れ、脳や筋肉など必要な体の器官へと運ばれていきますが、グルコースが増えすぎると運びきれずに血中に留まってしまいます。また、器官に運ばれても使い切れず戻されてしまうことがあり、それによって高血糖を招いてしまいます。

2-3.高血糖によって「インスリン」が多量分泌

高血糖になると膵臓から血糖値を下げるホルモンである「インスリン」が分泌されます。これによって血糖値は正常に保たれますが、困ったことに下記のような作用も同時に起こってしまいます。

・脂肪組織で脂肪が合成されるのを促進と脂肪の分解を抑制

・肝臓や筋肉でブドウ糖からグリコーゲン(貯蔵糖)が合成されるのを促進

つまり、インスリンが分泌されることで脂肪が増えやすくなってしまいます。そのため、インスリンは別名「太るホルモン」とも呼ばれています。

高血糖が長く続いたり、急激に上昇すればインスリンも多量に必要になるため、糖質よりも砂糖の方が太りやすくなります。

参考:DMTOWN/インスリンはどのような役割?

http://www.dm-town.com/oneself/know02.html

2-4.糖質が太らないわけではない

ここまでで、糖質と砂糖では砂糖が太りやすいと伝えてきました。ですが、あくまで砂糖と比較した場合には太りにくいということであって、糖質が太らないということではありませんので、注意してください。

3.まとめ

まとめると、2点違いについて説明してきました。①砂糖と糖質の違いは分類にあるということ、②砂糖と糖質では吸収に違いがあることです。

そのため、ダイエットや糖質制限においては砂糖が入ったものは極力避けながら、炭水化物は適度にしていく、といった事を心がけていきたいですね。ぜひ参考にしてみてくださいね!