• 中性脂肪
  • 2017/10/13

中性脂肪が低いのは病気のサイン?知っておくべき5つの原因とは?

中性脂肪

中性脂肪が低すぎると健康診断で指摘を受けた方。体型は普通だし、健康診断の他の数値も問題ないのになぜ低いのだろう?と思いませんでしたか?そう思った方はもしかしたら病気の可能性があるかもしれません。そこで今回は中性脂肪が低くなりすぎる原因を解説していきたいと思います。

1.病気が原因で中性脂肪が下がる

中性脂肪の基準値は30149mg/dlとされており、この範囲より高い場合、心筋梗塞や動脈硬化などの怖い病気を引き起こす原因とされていますが、逆に基準値よりも低い場合には問題ないのか?といえばそうではありません。

中性脂肪が低くなっているということは病気によって低くなってしまっている場合があります。また、正しい生活を送っていないことによるかもしれません。中性脂肪が低い状態が続くことによって引き起こされる病気もあるので、早めに基準値まで戻すことが必要になってきます。

2.中性脂肪が低くなる5つの原因

中性脂肪が低くなり過ぎてしまうには主に次の5つの原因が考えられます。

2-1.極端な偏食・少食

当然、お菓子しか食べないなどの激しい偏食は、中性脂肪のみならず、すべての栄養素が足りない慢性栄養不足になります。少食の場合も蓄えるべき脂質が食事で確保できないため、中性脂肪が常に足りない状態になり、減ってしまいます。

ちなみに中性脂肪が基準値未満となるのは男性よりも女性が多いのが特徴です。その理由はダイエットによって極端に食事制限をしてしまうことが原因で、男性よりも女性の方がダイエットをする人が多くいるためです。

2-2.過度な運動

運動をすると当然エネルギーが消費されますが、消費量が多いことで中性脂肪が消費されやすくなります。検査をする前などに行えば、中性脂肪が低下して見える場合があります。

2-3. 遺伝

体質的に中性脂肪値が低くなる人もいます。そのため、原因を探る場合には今回だけが低いのか?継続的に低いのか?親も低いのか?を知ることで体質的なものかを見ていく必要があります。また、100万人に1人以下とごくまれですが「無βリポタンパク血症」や「原発性消化不良症候群」などの遺伝性疾患によって中性脂肪が低くなる場合があります。2つとも脂肪の消化吸収を阻害するため、中性脂肪値が低くなります。

2-4.肝臓疾患

肝臓は、体に入ってきた脂肪酸や糖質を中性脂肪に合成し貯蔵する役割をしています。ですが、肝硬変などの疾患により肝機能が低下すると、中性脂肪を合成できなくなり、数値が下がります。

2-5.甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症は別名バセドウ病と呼ばれています。この病気はのどぼとけの下にある甲状腺の活動が異常に活発化し、甲状腺ホルモンが多量に分泌され、代謝が異常に高くなる病気です。動悸や頻脈、過剰発汗、全身倦怠感などが見られ、体は常に運動しているような状態になります。するとエネルギー源として貯蔵してある中性脂肪もどんどん使われるため、数値が下がっていきます。

3.中性脂肪が低いことにより起こる病気

 

2章で紹介した内容がで中性脂肪が低いことにより起こる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。主な病気には「低中性脂肪血症」と「脂溶性ビタミン欠乏症」の2つがあります。「低中性脂肪血症」の状態が続くと「脂溶性ビタミン欠乏症」を引き起こしやすくなります。

3-1. 低中性脂肪血症

中性脂肪が基準値を下回ることで、低中性脂肪血症と診断される場合があります。低中性脂肪血症とは、血液に含まれる中性脂肪(トリグリセリド)の値が低い状態のことです。低トリグリセリド血症とも呼ばれます。(実際の診断には中性脂肪の値だけではなく、コレステロール値も見て判断されます。)低中性脂肪血症になると次のような症状が起こります。

  • 倦怠感
  • 動悸、息切れ
  • めまい、ふらつき
  • だるさ
  • 偏頭痛

中性脂肪が低いとされる人は当てはまるものがあるのではないでしょうか?これら原因は一言で言えばエネルギー不足です。中性脂肪は悪いものとして思われている場合が多いですが、人が生きていくためにエネルギーとして使用されるのが本来の役割です。エネルギーが不足することで体の機能が正常に働かなくなり、上記のような症状を引き起こしてしまいます。

3-2.脂溶性ビタミン欠乏症

低中性脂肪血症の状態が続けばさらには脂溶性ビタミン欠乏症を引き起こす場合があります。ビタミン ADEK は、脂肪に溶けることから脂溶性ビタミンと呼ばれます。この脂溶性ビタミンは、普段は肝臓や脂肪組織に貯蔵され、必要になった時に中性脂肪に溶け込んで体内を巡ります。中性脂肪が低くなることで、必然的に油に溶けて体を巡る脂溶性ビタミンも運べなくなるため、体内でビタミンが不足してきます。

  • ビタミンAは網膜の働きに必要不可欠なビタミンです。不足すると、目が見えにくくなることがあります。
  • ビタミンDは免疫力を高めたり、骨を強くしたりする働きがあります。不足すると、骨粗鬆症や、自己免疫疾患などを引き起こすことがあります。
  • ビタミンEは、抗酸化物質として細胞を守ります。また赤血球の溶血を防ぐので、不足すると貧血になることがあります。
  • ビタミンKは血を凝固させたり、骨を作りやすくする作用があります。これが不足すると、出血したときに血が止まりにくくなったり、骨粗鬆症になったりします。

このように、脂溶性のビタミンが不足することで、体には様々な問題が引き起こされます。ビタミンの運搬役である中性脂肪にも同じことが言えます。

4.健康的に中性脂肪値を上げるために

遺伝や肝臓疾患の場合には病院で適切な処置をしてもらう必要があります。もし、そうでない原因で中性脂肪が低すぎる場合には早めに適正値に上げるようにしましょう。中性脂肪が低すぎるのは体の栄養不足サインでもあるので、毎日が忙しすぎてきちんとした食事ができていない人、無理なダイエットをしていて体重ばかりを気にする人は生活の見直しが必要です。体質的に中性脂肪が低めの人もいますので、まずはしっかり次のように生活習慣を整えることを意識してください。

4-1.3食をしっかり取る

食事はしっかり3食を取れていますか?12食では必要な栄養が補いきれずに中性脂肪が不足している可能性があります。たくさん食べる必要はありませんが、3食をしっかりとるようにしましょう。

4-2.食事はバランス良く

中性脂肪のもとになるのは、脂質・糖質・タンパク質などの必須栄養素です。これらをバランスよく摂ることで、中性脂肪の値を適正に保つことができます。

4-3.過度な偏食・少食はやめる

ダイエット食などにより脂肪になりにくいものを取っていませんか?脂肪のもととなる中性脂肪が減ることで確かに痩せているかもしれませんが、同時に体は病気にかかりやすくなってしまっています。

5.まとめ

中性脂肪が高いことと低いことでは高い方が高リスクとされています。ですが、低いことによる病気はあまり焦点が当たらないため、軽視されがちです。ですが、動脈硬化などの重大な病気を引き起こす場合もあるため、生活習慣を整え、中性脂肪の適正値である30149mg/dlを目指しましょう。